鶯谷の妖艶な人妻

「上野の森美術館」は、上野恩賜公園内にある、フジサンケイグループ運営の私立美術館です。
公募展や特別展を積極的に行っており、特に現代美術に力を入れています。

落ち着いた穏やかな見た目の鶯谷ですが、実際は不倫と肉欲にまみれた街です。
駅周辺には、日暮里にかけてラブホテル街が形成されており、週末になると多くの不倫カップルが訪れます。
また、人妻デリヘルのお店が豊富にあるため、風俗の利用客もよく訪れます。
旦那だけでは満足することの出来ない、強い性欲を持った人妻や、過激な非日常を求める痴女が多く在籍する鶯谷では、他エリアでは味わえない、深く刺激的なプレイを楽しむことが出来ます。
乱れることを誇りとも思っているような彼女たちとは、もはや風俗の域を超えて、なにかの儀礼であるかのように、妖艶な痴態を存分にさらします。
そんな姿を見たら、こちらの興奮も限界もマックスを超え、誘われるまま官能的な沼の中へ落ちていってしまうでしょう。
しかし抗う必要はありません。
それこそが、鶯谷の風俗を堪能するコツなのです。
ぜひ一度、仕事の疲れも、日常のストレスもいっさいフリーにして、時間を忘れるようなひとときに身をひたしてみてはいかがでしょうか。

風俗の街で知られる鶯谷

lgf01a201311170500

鶯谷 風俗 鶯谷は、かつて文人が住んでいたことで知られていて鶯谷駅は山手線の駅の中でも一番、乗降客が少ない駅とも言われています。
鶯谷の周辺には動物園や博物館・美術館が数多く点在していて観光地としても勉強にもうってつけのエリアだと言われています。
歴史好きには堪らない博物館が多く存在しているので、芸術や歴史文化に興味があったり子供達の学習の場としても利用されていることから中高齢者や家族連れが多く集まる観光地ともいえます。
鶯谷の風俗は東京都内の中でも渋谷や新宿・池袋に匹敵する店舗数があります。
デリヘルがメインで高級店や格安店はもちろん、素人系のお店が多いという特徴があります。
鶯谷は人妻系の待ち合わせ系で有名になり韓国デリヘルの発祥地になりました。
韓国デリヘルは関東の8割から9割ぐらいの店が鶯谷に集中していると言われています。
鶯谷は以前より風俗の街として知られていて駅の前にはラブホテルが立ち並んでいます。

初めてだから

lgf01b201412061700鶯谷のとあるラブホテル。今日は風俗と言うものを初体験しようと思い、デリヘルを呼ばさせていただきました。文系の自分は、自己分析が得意です。
自分がドスケベと言うことは十分理解しており、わかっています。なのになぜ今まで風俗で遊ばなかったのか。単純に怖かったからです。
普通に風俗に行ける人にとっては、楽しみな場所で会っても、行ったことのない人間にとっては箱型風俗ほど恐ろしいところはありません。
デブスが出てくるんじゃないか。黒人に〆られるんじゃないか、ぼったくられるんじゃないかと不安ばかりがよぎります。文系なので会話の上で人の心を操るのが得意で、そのおかげで会社でも異例のスピード出世をしましたが、その話術も風俗店店長には届かないことでしょう。
しかしながら、デリヘルであれば大丈夫なような根拠のない自信に駆られまして、今日に至ります。
結果、風俗は素晴らしいものでした。また、鶯谷のラブホテルにてお願いいたしたいと思います。

あの頃の僕はもういない

電車
列車に乗って田舎からやってきた街は鶯谷。
鶯谷には、広大な青空も、野山も無いけど、ラブホテルはたくさんあります。
鶯谷に引っ越してきたばかりのころは、風俗なんて未体験だったし、興味はあるものの踏み込めずウジウジしていたのですが、
一度風俗を利用してみれば「なんだ、結構気軽に遊べるじゃん」って思えて、
それからは風俗で遊びまくりです。
いまでは立派な風俗好きになった僕は、鶯谷のホテルにいつもデリヘルの女の子を呼んで遊んでいます。
今日、呼んだ風俗の女の子はまだ若い娘で、こんな若い女の子とエッチなことしていいのだろうかって以前の自分なら間違いなくためらっていたと思いますが、最近のすっかり鶯谷人になった僕は積極的に責めてしまいます。
イチャイチャと楽しみ、スッキリして癒されたところで、ホテルを出て家に帰ります。
この鶯谷ライフ、やめられるはずがありません。
田舎にはもうたまにしか帰らなくてもいいかなーなんて思います。